ED治療薬の代表的な種類の効果と服用方法

2019年06月21日
満足をする男性

ED治療薬の代表的な種類としては三種類あり、レビトラとシアリスとバイアグラが代表しています。
ED治療薬の代表的な種類はそれぞれ効果服用方法が異なります。
中でもバイアグラは日本でも利用され始めたのは初期で、知名度も高く効果も多くのED患者が体感をしています。
バイアグラの作用持続時間は個人差はありますが、平均して5時間から6時間程度の持続時間が有り、即効性のあるタイプの薬で、性交渉の三十分から一時間前に服用することで効果が現れます。
特徴としては食べ物との相性が悪く、食後にクスリを服用すると効果が現れなくなってしまいます。
食後は二時間以上の時間を空けるようにし、空腹の状態で服用しなければなりません。
ED治療薬で代表的な種類のレビトラは、バイアグラの欠点を改良した薬とも言えます。
レビトラもバイアグラと同じように即効性のある薬で、性交渉の三十分から一時間前のタイミングで服用することが適しています。
レビトラの錠剤は10mgと20mgの二種類があり、使用する容量によって作用持続時間が変わります。
量によって5時間から10時間の作用時間を得られます。
食事との相性の悪さが多少改善されていて、薬を服用するときには700キロカロリー程度の食事なら薬の効果を損ねません。
使いやすい薬です。
代表的な種類のED治療薬の中で、シアリスは作用持続時間がとても長く、二十四時間から三十六時間の効果が続きます。
金曜日の夕方以降に服用すれば日曜日の午前中まで効果が持続するので、ウィークエンドピルとも呼ばれています。
即効性に欠けるため、性交渉の二時間以上前には服用しておかなければなりません。
一回の服用で週末を乗り越えられるのが特徴です。